Takibis

大人が積極的に焚き火を楽しむための椅子
Takibis!【特許出願中】

腰痛持ちのおじさんだけど、もっと焚き火を楽しみたい。

アウトドア用の椅子は沢山ありますが、椅子に座ったままの火守りって、お腹がつっかえたりして辛かったりしませんか。その上、長時間座っていると腰が沈み込みさらに腰が痛くなって。そんな腰痛に悩む私が、焚き火を積極的に楽しむための、前にだけロッキングする木製椅子を作りました。

アウトドアなのに木製の椅子って、重いんじゃないの?
その上、ちょっと変わったカタチ・・・・

百聞は一見にしかずといいますが、百見は一触れにも満たないですが、、。

高すぎず低すぎない「ちょうどいい高さ」。「前にだけロッキングする機能」に「座り心地のいい座面」。さらには「組み立ても簡単でかつ安心」して座っていられるために、これらの形状や仕組みが必要だったのです。風に揺らぐ焚き火台の炎、その明かりに照らされ映える木の質感。〝Takibis〟のそのコロンと可愛いフォルムには、焚き火を楽しむための色んな工夫や機能が満載されています。

よっこいしょと言わなくても立ち上がれる、その高さは約24〜5cm。

立ったり座ったり、前に屈んだりにちょうどいい高さ。

焚き火を楽しもうとした時、通常のキャンプ用椅子だと、薪を入れたり調理したりするのに「座面が高すぎる!」なんて感じたことはないですか?地べたスタイルはワイルドでいいんですが、立ち上がろうとするたびに「よっこいしょ」。膝に手を当て一苦労(笑)。Takibisは、積極的に焚き火を楽しもうとするタキビストが、立ち上がりやすく作業がしやすい高さ(24〜5cm)につくられています。

アルミ脚だとグンニャリ。前屈みになった瞬間の悲劇!

お気に入りの椅子が!!グンニャリと。

まず気になったのは脚部の強度でした。小さくて軽いアルミの椅子は持ち運びには便利なのですが、前屈みになった瞬間に、椅子の脚がグンニャリ。そんな経験ってありませんか?(私は何度もあります)Takibisは前にロッキングしながらも丈夫で、安心して座ってられる構造の開発から始まりました。そしてアウトドアでの使用をイメージを、脚部の材質として「木」を選択しました。

前にはロッキング。でも後ろにはロッキングしない=ここがミソなんです

前にだけロッキング=ここが特許です!

脚部の前方を半円形することで、前にロッキングするようになりました。しかし危険ですから後方には倒れて欲しくありません。そこで、脚部の後方接地部分を後ろに伸ばし、よほど無理をしない限り後ろに傾くことがない、このような形状になりました。でも背もたれはありませんから、深酔いすると後ろにコケてしまうことがあるかも(笑)。ここが一般的なロッキングチェアとの大きな違いです。

座面の特徴について

木製椅子の〝Takibis〟ですが、その座り心地は柔らかく、温かささえ感じます。その秘密は〝座面の形状と材質〟にあります。

わかりにくいですが、、。真ん中が凹んでいます。

【形状】
パッと見たところわかりにくいですが、〝Takibis〟の座面中央部は10mm程度凹み、お尻を包み込むような形状になっています。それにより座り心地がよくなるのはもちろんですが、お尻がひっかかることで、ロッキングさせるのも容易になっています。(もちろん前に滑り落ちないためでもあります)

座ってみると不思議な感覚。木なのに柔らかくて温かいんです。

【材質】
座面には、柔らかい素材である国産針葉樹の杉を使用しています。この柔らかさとその形状があいまって、木製なのに座った瞬間に柔らさと温かさを感じることができるでしょう。それは本当に不思議で優しい座り心地です。(文字でしかお伝えできないのがもどかしい)さらに木なので腰が沈み込むのを防ぎ、長時間座っていても腰が痛くなりにくい要因にもなっているのです。

それは相反する特徴がある素材を組み合わせた
〝ハイブリッド座面〟の開発。

二つの機能を持ち合わせたオリジナル合板です。

Takibisの座面部は肌当たりが優しい天然杉です。しかし脚部は耐水性が高くて硬い国産合板(JIS国産針葉樹F4/耐水1類)。その合板を、杉でできた柔らかい座面に差し込むと、どうしてもホゾ穴を舐めてしまいます。そこで新たに開発したのが、オリジナルの〝ハイブリッド合板〟です。

優れた撥水性は、国産の蜜蝋で仕上げています。

蜜蝋も国産品にこだわっています。

急な雨や夜露など、アウトドアは室内とは異なり木製家具に対して過酷な環境です。さらには木の自然な色合いを変えたくないし質感も大切にしたい。そこで〝Takibis〟では、撥水性に優れ人や環境に優しい、国産の蜜蝋ワックスを使用しています。

しかしこの蜜蝋ワックスも、使用に伴い効果が減少します。面倒かもしれませんが、使用後はできるだけ早く汚れを取り除き、自宅に戻ってから水分を十分取り除いたのち、蜜蝋ワックスを再度塗り保管してください。高級木製家具のように、ゆっくりと育てる椅子だと思って、愛着を持って手入れしていただけると幸いです。

組立分解が簡単。それも大きな特徴です。
慣れれば組み立て簡単15秒?

〝Takibis〟はコンパクトにまとまるのでアウトドアに持ち出すのも容易です。また構造が簡単なので部品はたった4枚の板と1本のボルトだけ。さらにその一本のボルトをしめることでガッチリと固定され、ロッキングしてもバラバラになることはありません(ここ特許)。さらにセンターロックボルトで、全てのパーツをスタッキングすることもできるように設計されているので、パーツの紛失は部品の忘れ物もなくなるはず!(ここも特許)

本体/4枚のプレート、センターロックボルト+収納バッグ

【原産国】日本

【素材】国産天然杉(無垢板部分)、18mm国産合板

センターロックボルト=四三酸化鉄皮膜(SCM435)鉄

【塗料】国産蜜ロウワックス

【重量】約2.1kg

【収納時サイズ】約D215mm×W300mm×H100mm(+15mmボルトハンドル)

【組立時サイズ】約D215mm×W300mm×H245mm

収納バッグ(巾着型)

【素材】8oz キャンバス生地

【カラー】ナチュラル

ご購入はこちらから/CAMPFIRE様にて9月30日まで購入可能です